トップ > 町政情報 > 施策・計画 > 第3次里庄町振興計画(後期基本計画)平成27年度~平成31年度

町政情報


第3次里庄町振興計画(後期基本計画)平成27年度~平成31年度

[最終更新日:2015/12/28]

第3次里庄町振興計画後期基本計画(後期基本計画)を策定しました

 3月30日、町の目指すべき将来像とそのために必要な施策を定めた第3次里庄町振興計画後期基本計画の答申が行われました。  答申にあたり審議会長を務めた岡山大学大学院社会文化科学研究科教授の中村良平教授は「少子高齢化や人口減少という課題に対応し、住みよい、また元気で活力のあるまちを目指すべく、計画に掲げた施策の着実な実現に努めていただきたい」と述べ、答申書を大内町長へ手渡しました。  これを受け、大内町長は「町として、数値指標の達成や、施策の着実な推進に向けて、最大限努力をし、頑張っていく」と決意を新たにしました。

里庄町振興計画とは?

 里庄町の最上位計画であり、町の目指すべき指針を定めた計画です。  振興計画は基本構想と基本計画からなります。  ○基本構想
 基本構想は、時代の潮流、町が直面する課題等を検討し、目指すべき将来像と、これを実現するための施策の大綱等を定めたもの。
 計画期間は平成22年度から平成31年度までの10カ年。  
○基本計画
 基本構想の実現に必要な施策を体系的に示したもの。時代の流れに対応するため、10カ年の計画期間を5カ年ごとの前期と後期に分けて策定する。
 今回は後期5年を策定しました。

後期基本計画で重点施策と定められたものは大きく4つ

1 定住環境に関する施策
 防災・地域安全対策推進、道路体系の整備、町民と行政の協働のまちづくり

2 子育て支援に関する施策
 結婚・妊娠・出産・子育てまでの切れ目のない支援(少子化対策)

3 学校教育に関する施策
 時代の要請に応える質の高い教育の推進、学校・家庭・地域の連携による安全・安心な教育環境の整備

4 高齢者福祉に関する施策
 高齢者の社会参加と生きがい対策の推進、介護予防と生活支援サービスの充実

本編(171ページ)
 振興計画の本編です。 

概要版(16ページ A4の両面印刷を推奨)
 振興計画の中から、重点的に進めていく施策を抜粋し、漫画を交えてわかりやすくしたものです

・リーフレット(2ページ A3の両面印刷を推奨)
 振興計画の全体像を簡単にまとめたものです

このページについてアイコンこのページのコンテンツについて
  • TEL: 0865-64-3114

このコーナーをご覧になるには、アクロバットリーダー(無料配布)というソフトが必要になります。
下の、ロゴをクリックするとダウンロードページにジャンプします。

Adobe Readerはこちらからダウンロードできます。 ページの説明に従ってダウンロードして下さい。
(※これらのプラグインは里庄町役場とは関係のない企業が配付しています)