トップ > 町政情報 > 施策・計画 > 「粗大ごみ戸別収集制度(有料)(案)」へのご意見募集(パブリックコメント)結果の修正について

町政情報


「粗大ごみ戸別収集制度(有料)(案)」へのご意見募集(パブリックコメント)結果の修正について

[最終更新日:2017/08/08]

 先般公表した「粗大ごみ戸別収集制度(有料)(案)」へのご意見募集(パブリックコメント)の結果に、修正箇所が生じたのでお知らせします。

【修正の経緯】

 
 「粗大ごみ戸別収集制度(有料)(案)」にいただいたご意見については、第2回里庄町廃棄物減量等推進審議会における審議を経た後、ご意見に対する町および審議会の回答(対応)を公表したところです。その後、ご意見をくださった方から、公表された内容の意見欄には、提出した意見書どおりには表記がされていないため、提案の意図が審議会委員に正しく伝わっていないと感じることから、審議が尽くされたとは言いがたい状況にあるとの指摘がありました。

 このことを受けて、審議会事務局では、7月18日(火)に開催した第3回里庄町廃棄物減量等推進審議会において、原文をそのまま審議会委員に示したうえで、改めてこのご意見に対しての審議を行いました。

 いただいたご意見では、粗大ごみ戸別収集制度(有料)については、1回当たりの粗大ごみの収集個数を2個までに制限せず、トラック1台に積載可能な範囲内とすることが提案されており、その場合の処理手数料の設定や割引などについて、収集個数が増えるに従って手数料が安価になる方法を、具体的な計算式を交えて説明されていました。また、品目別の処理手数料については、500円を最低価格とせず、よりきめ細かく設定することなどが示されていました。

 しかし、今回の粗大ごみ戸別収集制度(有料)(案)は、一時的に生じる大量の粗大ごみを収集するために考えた制度ではなく、また、費用負担を抑えて実施するために、町内全域の粗大ごみを1車1回で収集できるしくみを考えたため、町および審議会では収集個数の上限を2個としました。
 また、処理手数料についても、事務処理上の効率化を図るため、最低価格を500円としましたが、2個排出される場合は合計額から500円を値引くという、粗大ごみの戸別収集を実施している他の市町にはないやり方を導入することで、他市町の処理手数料と同額程度になるようにしました。

 以上のことから、町および審議会における回答(対応)は、当初の結果のとおりとなりました。しかしながら、いただいたご意見について正確な内容を示す必要があるため、修正版を作成し公表することとしました。
 今後はいただいたご意見をもれなく示すよう、取り扱いには十分注意いたします。

「粗大ごみ戸別収集制度(有料)(案)」に対する意見募集(パブリックコメント)の意見と対応(修正版 ※修正箇所は朱書きとしています。)


このコーナーをご覧になるには、アクロバットリーダー(無料配布)というソフトが必要になります。
下の、ロゴをクリックするとダウンロードページにジャンプします。

Adobe Readerはこちらからダウンロードできます。 ページの説明に従ってダウンロードして下さい。
(※これらのプラグインは里庄町役場とは関係のない企業が配付しています)