トップ > くらしの情報 > 高齢者施策 > 高齢者生活支援通所サービス事業

くらしの情報


高齢者生活支援通所サービス事業

[最終更新日:2015/11/06]

 居宅において、日常生活を営むのに支障のある高齢者(要援護高齢者)の生活の助長、社会的孤立感の解消及び心身機能の維持向上を図り、要援護高齢者及びその家族の福祉の向上を図ることを目的として、生活支援通所サービス事業を実施しています。サービスの提供は、町が委託する事業者が行います。


○利用対象者

 里庄町内に住所を有する要援護高齢者であって、介護認定結果が非該当となった方で、次の全てに該当する方。
 ・65歳以上で、居宅での日常生活に支障がある方
 ・疾病等で入院加療が必要でない方
 ・他の利用者に感染の恐れのある伝染性疾患に罹患していない方
 ・町長が特に利用を必要と認めた方


○事業内容

 ・基本事業(生活指導、機能訓練、生きがい活動、健康状態の確認、入浴事業、送迎事業)
 ・食事サービス

 ※ただし、利用回数は1週間に1回を限度としている。


○利用者負担額(1回あたりの利用料)

 487円

 ※ただし、食事サービスの提供を受ける場合は、利用者が原材料費等の実費を負担する。


○高齢者生活支援通所サービス事業委託業者

 サービスの提供は町が委託する事業者が行いますので、事前に健康福祉課へお問合せください。


○手続きに必要なもの

 通所サービス利用登録申請書、誓約書、印鑑

 ※利用の決定は、利用対象者及び家庭の状況等を調査した上で決定します。

このページについてアイコンこのページのコンテンツについて
  • TEL: 0865-64-7211
  • FAX: 0865-64-7236