トップ > くらしの情報 > マイナンバー > マイナンバー制度における「情報連携」について

くらしの情報


マイナンバー制度における「情報連携」について

[最終更新日:2017/12/18]

 平成29年11月13日から、マイナンバー制度における「情報連携」の本格運用が開始されています。

情報連携とは

  情報連携とは、マイナンバー法に基づき、専用のネットワークシステムを用いて、異なる行政機関の間でマイナンバーから生成された符号をもとに特定個人情報をやり取りすることです。

 手続の際にマイナンバーを申請書等に記入することで、行政機関等に提出する必要があった書類を省略できるようになりました。

 マイナンバーを提供する際は、マイナンバーカード等の本人確認書類(マイナンバー確認書類及び身元確認書類)をご用意ください。

 マイナンバー制度の「情報連携」について

このページについてアイコンこのページのコンテンツについて
  • TEL: 0865-64-3111
  • FAX: 0865-64-3618

このコーナーをご覧になるには、アクロバットリーダー(無料配布)というソフトが必要になります。
下の、ロゴをクリックするとダウンロードページにジャンプします。

Adobe Readerはこちらからダウンロードできます。 ページの説明に従ってダウンロードして下さい。
(※これらのプラグインは里庄町役場とは関係のない企業が配付しています)