トップ > くらしの情報 > 消防・防災 > 防災計画・防災マップ

くらしの情報


防災計画・防災マップ

[最終更新日:2016/02/19]

【里庄町地域防災計画の改訂について】

里庄町地域防災計画を平成26年3月に改訂しました。

改訂後の地域防災計画を掲載します。

里庄町地域防災計画

【避難勧告等の判断・伝達マニュアルの策定について】

 里庄町では、異常気象等により発生している土砂災害、河川のはん濫による被害を未然に防止するため、平成26年10月に避難勧告等の判断・伝達マニュアルを策定しました。今後は、本マニュアルに基づき、避難勧告等を発令・伝達します。マニュアルは次のとおりです。

 避難勧告等の判断・伝達マニュアル

【里庄町自主防災組織活動補助金について】

 里庄町では、自主防災組織の設立の促進、設立後の活動を強化するため、自主防災組織に対し、補助金を交付しています。補助金の概要は次のとおりです。

 ① 防災資機材の整備(上限50万円)

   自主防災組織を設立した後に整備する防災資機材の整備に要する経費を補助します。上限は50万円です。

 ② 防災資機材の更新(整備した年の翌年から5年ごと、上限5万円)

   整備した資機材の更新に要する経費を補助します。ただし、上限は5万円で、整備した年の翌年から5年ごとの補助と    

  なります。

 ③ 活動支援事業(上限(年額):加入世帯100世帯以上15万円、100世帯未満10万円)

   自主防災組織の活動に要する経費を補助します。自主防災組織において、防災研修会、防災訓練、防災マップの作 

 成、視察研修等を実施した場合に補助を受けることが出来ます。

 補助に関する要綱、様式等は下記の要綱をご参照ください。

 里庄町自主防災組織活動補助金交付要綱

補助金に対する問い合わせは、里庄町総務課へ(0865-64-3111)

防災マップ 緊急時に

里庄町では、いざというときのためにを作成しています。
家族の皆さんで、いざというとき何が必要かもう一度確認してみましょう。

もしもの時のために、非常時持ち出し品を準備しましょう。

★一次持出品★
避難するとき、最初に持ち出すもので、重すぎると避難にも支障がでるので、できるだけ軽量でコンパクトなものを選びましょう。

※参考
①常備薬(飲みなれた薬が良いでしょう)
②ミネラルウォーター(1人1日3リットルくらいを目安に)
③食料(最低3日分くらいは用意しておくと良いでしょう)
④懐中電灯(予備の電池も用意しておきましょう)
⑤ナイフ
⑥ラジオ(予備の電池も用意しておくと良いでしょう)
⑦マッチ
⑧雨具
⑨トイレットペーパー
⑩現金

このページについてアイコンこのページのコンテンツについて
  • TEL: 0865-64-3111
  • FAX: 0865-64-3618

このコーナーをご覧になるには、アクロバットリーダー(無料配布)というソフトが必要になります。
下の、ロゴをクリックするとダウンロードページにジャンプします。

Adobe Readerはこちらからダウンロードできます。 ページの説明に従ってダウンロードして下さい。
(※これらのプラグインは里庄町役場とは関係のない企業が配付しています)