トップ > くらしの情報 > 上水道事業 > 水道事業について

くらしの情報


水道事業について

[最終更新日:2016/04/20]

【水道のしくみ】

◇水道会計は独立採算制
 水道事業の経営は独立採算制となっています。そのため、いくら赤字となっても、町の税金などで穴埋めすることは出来ません。すべて水道料金でまかなっています。

◇多額の工事費が必要
 水道施設の建設、改良工事には資金が必要ですが、以前は起債(国などからの借入金)でまかなってきました。借入金は、当然のことながら元金に利息を付けて返済しなければなりません。今後は料金収入の伸びが少ないことが予測されるため、できるだけ自己資金で工事を行うよう努めます。

◇浄水場施設の共同設置
 笠岡市、浅口市、里庄町の2市1町は、各市町で浄水場施設を建設すると膨大な建設費と維持管理費が負担になるため、共同で用水供給団体(岡山県西南水道企業団)を設立し、浄水を受水しています。

◇水道管のしくみ
 水をお届けするために、公道に町が埋設した水道管を配水管といいます。配水管は町の所有物で上下水道課が管理を行っています。
 配水管から家庭に引き込まれた給水管、分水栓、止水栓、メーター、蛇口などをひっくるめて「給水装置」と呼びます。「給水装置」は皆様の所有物です。したがって、給水装置の管理は、皆様にしていただくことになっています。ただし、配水管からメーターまでは運営上、上下水道課が管理します。

◇施設の維持管理、更新
 水道事業は施設型産業と言われ、配水池やポンプ施設とともに町内には約100kmの配水管があります。里庄町では、昭和47年の給水開始以来約40年が経過し、今後さらに施設が老朽化していくため、施設を更新するための資金が必要となります。
 現在は、下水道工事に並行して水道管の布設替えを行っています。

【水道財政のしくみ】

◇水道料金の流れ
 安全な水を安定的にお届けするために必要な維持管理をする費用は、皆様からいただく水道料金でまかなっています。また、水道料金収入の中から毎年少しずつ借りたお金の利息を返済しながら水道事業の経営をしています。

◇平成24年度里庄町水道事業会計決算の概要
 平成24年度の水道事業決算状況は、収入総額 2億8,307万円に対し、支出総額 2億7,477万円で、差引830万円の純利益となっています。配水量は0.1%減少し、有収率は 98.4%と 0.4% 減少しています。

○収益的収入                                  (単位:千円)
収   入 支   出
営業収益

給水収益
(水道料金収入)

229,018 営業費用 受水費 142,897
配水及び給水費 17,119
受託工事費 44,773
総係費 10,708
減価償却費 42,962
資産減耗費 3,979
受託工事収益 44,773 その他 443
その他営業収益 6,931 営業外費用 支払利息 11,865
営業外収益 利息及び配当金 2,315 雑損失 19
雑収益 29 純利益 8,301

 

○資本的収支                                  (単位:千円)
収   入 支   出
工事負担金 工事負担金  3,220 建設改良費 配水設備費   149,058
出資金 他会計出資金 1,680 営業設備費 1,685
補償金 補償金 5,018 企業債償還金 企業債償還金 19,451
投資 長期貸付金

    30,000

 主な建設改良工事は、下水道関連工事、道路改良工事に伴う配水管移設・新設工事等です。
 今後、老朽化による施設更新のための再投資資金を確保するため、経営のさらなる効率化、伸展が望まれる状況です。

○比較貸借対照表                                              (単位:千円)
借方 貸方
科目 金額 対前年比% 構成比% 科目 金額 対前年比% 構成比%
固定資産 1,395,929 106.6 88.6 固定負債 10,868 76.0 0.7
 有形固定資産 1,162,868 110.1  引当金 10,868

     76.0

 無形固定資産 0 100.0 流動負債 48,145 166.3 3.1
 投資 233,061 92.1  預り金 14,130 101.4
流動資産 179,647 72.0 11.4  未払金 34,015 226.3
 現金預金 111,787 67.5 資本金 693,935 113.4 44.0
 貯蔵品 8,782 101.9  自己資本金 490,044 126.2
 未収金 51,278 123.7  借入資本金 203,891 91.3
 前払金 7,800 23.1 剰余金 822,628 91.0 52.2
 資本剰余金 726,126 101.5
 利益剰余金 96,502 51.3
合 計 1,575,576 101.1 100.0 合 計 1,575,576 101.1 100.0

※再投資資金の確保のため、資産の伸び率3%を経営目標としている。(ただし、企業債償還終了後)

項目 24年度 23年度 22年度 21年度 20年度 類似団体
平均※1
説明
1.収益性
総収支比率
(%)
103.0 105.9 105.4

105.1

106.5 106.16 100%以下の場合は営業損失
自己資本回転率
(回)
0.181 0.187 0.194 0.198 0.208 0.135 高いほど投資効果に比べて
営業活動が活発
固定資産回転率
(回)
0.174 0.187 0.198 0.193 0.199 0.108 高いほど施設が有効に稼働
未収金回転率
(回)
5.090 4.210 3.673 4.026 3.983 6.057 高いほど未収期間が短い

総資本利益率
(%)

0.53 0.89 0.90 0.87 1.01 0.77 総合的収益性
2.資産の状態
償還元金対
減価償却比率(%)
45.28 42.91 42.92 48.54 50.65 71.33 投下資本の回収と再投資の
バランス100%以下であること
有形固定資産
減価償却比率(%)
42.35 43.75 43.02 42.92 43.35 37.44 施設の老朽化の度合いを示し
高いと生産能力低下をもたらす
3.財務状態
流動比率(%) 373.14 861.5 557.9 1172.2 838.3 1,110.97 短期債務に対する支払能力
理想は200%以上
自己資本構成比率
(%)
83.31 82.90 80.04 80.52 79.06 70.03 財務の長期安定性、高いほど
経営基盤が安定している
固定資産構成比率
(%)
88.60 83.99 79.15 77.70 85.84 86.29 低いほど柔軟な経営が可能
固定比率(%) 106.3 101.3 98.9 96.5 108.6 123.23 自己資本が固定資産に
投下されている割合
4.施設の効率性
施設利用率(%) 64.70 64.77 65.98 65.28 65.72 52.16 100%に近いほど施設の
効率性が高い
有収率(%) 98.40 98.78 98.47 98.69 99.37 83.59 配水量が収益に結びつく比率
22年度岡山県下平均89.3%
固定資産使用効率
(%)
12.22 13.46 13.94 14.47 14.55 6.00 高いほど施設が有効に
使用されている
配水管使用効率
(%)
14.68 15.04 15.47 15.77 16.24 10.77 地理的条件により変化
5.生産性
職員1人当たり
給水人口(人)
5,229 5,214 5,231 5,196 5,174 2,912 損益勘定職員2名
(資本勘定職員1名)
職員1人当たり
有収水量(千m3)
699.0 702.4 711.5 715.5 715.1 299.9      〃
職員1人当たり
営業収益(百万円)
118.0 119.0 120.6 119.9 121.3 65.9      〃
職員給与
対営業収益(%)
6.71 6.07 6.67 6.76 7.79 10.83 低いほどよい
6.料金
給水原価(円) 164.2 160.8 160.9 162.2 160.9 236.27 1m3当たりの料金収入

供給単価(円)

163.8 163.9 164.1 164.2 163.9 209.38 1m3当たりの費用
料金回収率(%) 99.8 101.9 101.9 101.2 101.9 88.6 100%以上が好ましい
月20m3当たり
料金(円)
3,307 3,307 3,307 3,307 3,307 3,966 22年度末県下平均3,183円

※23年度受水・同規模団体(25団体)

(傾向)
1.収益性はやや良好であるが、十分ではない。
2.資産の状態では、施設の老朽度は高いが、有収率の低下、修繕費の増大などの症状は出ていない。
3.財務比率では、支払能力(流動資産)は十分ある。他人資本も少ない。
4.職員数が少なく、施設が比較的古いことから効率性は高い。
5.         〃                 生産性は高い。
6.料金は岡山県下24団体中12番目となっている。(平成21年度統計)

【基本計画(地域水道ビジョン】

 里庄町水道事業基本計画を次のとおり作成しました。

基本計画

報告書(資料編)

業務指標(PI)


 


このコーナーをご覧になるには、アクロバットリーダー(無料配布)というソフトが必要になります。
下の、ロゴをクリックするとダウンロードページにジャンプします。

Adobe Readerはこちらからダウンロードできます。 ページの説明に従ってダウンロードして下さい。
(※これらのプラグインは里庄町役場とは関係のない企業が配付しています)