トップ > くらしの情報 > 国民健康保険税 > 里庄町国民健康保険税 収納対策緊急プランについて

くらしの情報


里庄町国民健康保険税 収納対策緊急プランについて

[最終更新日:2017/08/16]

里庄町では、税の公平性確保と収納率向上を図るため、里庄町国民健康保険税収納対策緊急プランを策定しています。主な取組内容は次のとおりです。

1.夜間・休日納税相談及び徴収、催告対応の実施

 夜間・休日の納税相談、電話催告、徴収等により、滞納者と早めに交渉を行い、新規滞納者の早期解消に努めます。

2.納税相談の推進

 短期被保険者証(1)や資格証明書(2)の交付を行い、保険者証の受け取りに来庁する機会を増やすことで、納税相談の機会の確保に努めます。

3.財産調査、滞納処分の徹底

 1)預貯金、給与、生命保険等の財産調査を速やかに実施します。

 2)転出した滞納者については、転出先住所での実態調査をい行います。

 3)特別な事情もなく納付に応じない者については、換価の容易な財産を優先して差押等の滞納処分(3)を実施します。

 4)納税誓約による分納中の者についても、財産調査を行い、その結果と納付実態を検討し、滞納処分を実施します。

4.岡山県市町村税整理組合・岡山県滞納整理推進機構への委託

 長期滞納者もしくは高額滞納者が換価可能な財産を保有している場合は、岡山県市町村税整理組合及び岡山県滞納整理推進機構へ徴収を委託して滞納処分を実施します。

5.居所不明被保険者の実態調査

 居所不明者の実態把握及び居住確認調査を行い、不現住(4)を確定し、被保険者資格の喪失確認処理を行います。

6.所得未申告世帯の解消

 所得未申告者について、積極的に申告勧奨を行い、実態把握に努めます。

7.口座振替の推奨

 1)広報紙など各種媒体による口座振替制度の広報を行います。

 2)納税通知書に口座振替依頼書を添付します。

 3)国民健康保険の資格取得手続き時に、口座振替制度の周知及び勧奨を行います。

 

1 国民健康保険税を滞納した場合、通常より有効期限の短い保険者証が交付されます。有効期限が切れるたびに役場へ来庁して納税相談を行い、短期被保険者証を受け取る必要があります。

2 納期限から1年以上滞納すると資格証明書が交付されます、医療費の自己負担は通常と同じ3割ですが、窓口ではいったん自己負担で全額支払う必要があります。更に滞納が続くと保険給付の全部又は一部が差し止めとなります。

3 納税者が納税しない場合、滞納者の財産を差し押さえ、これを換価し、その換価代金を滞納税額にあてること。

4 被保険者が転出若しくは転居しているか、又は届出地に居住していないこと

このページについてアイコンこのページのコンテンツについて
  • TEL: 0865-64-3113
  • FAX: 0865-64-3126