ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 新型コロナウイルス関連情報 > 住民税非課税世帯等に対する臨時特別給付金について

住民税非課税世帯等に対する臨時特別給付金について

印刷用ページを表示する更新日:2022年1月31日更新

  ↵

概要

新型コロナウイルス感染症の影響が長期化する中、迅速に生活・暮らしの支援を受けることができるよう、令和3年度住民税非課税世帯等の対象世帯に対して、1世帯あたり10万円を給付いたします。

支給対象となる世帯

1.住民税非課税世帯
​  基準日(令和3年12月10日)において世帯全員の令和3年度分の住民税均等割が非課税である世帯

2.家計急変世帯
  1に該当しない世帯のうち、新型コロナウイルス感染症の影響を受けて令和3年1月以降に家計が急変し、世帯全員が住民税均等割非課税である世帯と同様の事情にあると認められる世帯

 ※1、2、いずれも、世帯員全員が住民税均等割が課税されている他の親族等に扶養を受けている場合は対象外となります。

支給額

1世帯当たり10万円
※1世帯1回限り。なお、1、2を重複して受給することはできません。

給付金の支給手続き

1.住民税非課税世帯

令和3年1月1日以前から本町に住民票があり,令和3年12月10日時点において住民票が確認できる世帯

令和4年1月31日に対象と思われる世帯に対して、「住民税非課税世帯等に対する臨時特別給付金支給要件確認書」を送付しております。内容を十分ご確認いただいた上で書類の確認欄に記入し、同封の返信用封筒でご返送ください。

令和3年1月2日以降に本町に転入された方がいる世帯

本町で課税状況が把握できないため、確認書はお送りしておりません。前住所地(令和3年1月1日時点のご住所)において非課税であれば本給付金の申請が可能です。申請にあたっては、申請書及び課税状況がわかる証明書の提出が必要となります。2月1日(火曜日)から申請を受け付けます。

住民税未申告者がいる世帯

課税状況が不明なため、確認書はお送りしておりません。本町の町民課(税務)で申告をしていただき、非課税であれば本給付金の申請が可能です。申請にあたっては、申請書及び申告書の控え等非課税であることが分かる書類の提出が必要となります。2月1日(火曜日)から申請を受け付けます。

その他の世帯

DV等で非難されている方や、矯正施設に収容されている方、措置入所中の児童の方、令和3年度中に課税者の配偶者と死別・離婚された方なども支給要件を満たす場合があります。2月1日(火曜日)から申請を受け付けます。

返送・申請期限

確認書の返送期限は、令和4年5月2日(月曜日)までとなります。
申請を要する場合の提出期限は、令和4年9月30日(金曜日)までとなります。

申請に必要な書類

・申請書(下記「申請書類等ダウンロード」からダウンロードできるほか、町健康福祉課窓口でも配布しております。)
・本人確認書類の写し
・通帳のコピー等、振込先口座がわかるもの

以下は必要に応じて提出してください。
・課税状況がわかる証明書(非課税証明書)
・申告書の控え
​・DV等避難申出書
・DV等避難中であることを明らかに出来る書類

申請書類等ダウンロード

申請書 [PDFファイル/195KB]
申請書記入例 [PDFファイル/213KB]
DV等避難申出書 [PDFファイル/205KB]

2.家計急変世帯

令和3年1月以降で、新型コロナウイルス感染症による影響で家計が急変した任意の1か月分の世帯全員の収入状況が分かる書類を、申請書と併せてご提出いただく必要があります。

申請に必要な書類

・申請書(下記「申請書類等ダウンロード」からダウンロードできるほか、町健康福祉課窓口でも配布しております。)
・簡易な収入(所得)見込額の申立書(申請書同様に下記「申請書類等ダウンロード」からダウンロードできるほか、町健康福祉課窓口でも配布しております。)
・本人確認書類の写し
・通帳のコピー等、振込先口座がわかるもの
・任意の1か月において家計が急変したことがわかる書類(世帯全員分)

申請期間

申請期間は、令和4年2月16日(水曜日)から令和4年9月30日(金曜日)までとなります。

申請書類等ダウンロード

申請書(家計急変) [PDFファイル/214KB]
申請書(家計急変)記入例 [PDFファイル/231KB]
収入(所得)申立書 [PDFファイル/263KB]
収入(所得)申立書記入例 [PDFファイル/286KB]

非課税相当収入限度額早見表

非課税相当収入限度額早見表
扶養している親族の状況

非課税相当収入限度額

扶養人数0名(単身または扶養している人がいない場合)

93.0万円

扶養人数計1名(配偶者または扶養親族を扶養している人数)

137.8万円

扶養人数計2名(配偶者や扶養親族を扶養している人数)

165.8万円

扶養人数計3名(配偶者や扶養親族を扶養している人数)

209.0万円

扶養人数計4名(配偶者や扶養親族を扶養している人数)

249.0万円

※障がい者、未成年者、寡婦、ひとり親の場合

204.3万円

“振り込め詐欺”や“個人情報の詐取”にご注意ください

ご自宅や携帯電話に里庄町から問い合わせを行うことがありますが、ATM(現金自動預払機)の操作をお願いすることや、支給のための手数料などの振り込みを求めることは絶対にありません。
​もし不審な電話や郵便があった場合は、お住いの市区町村や最寄りの警察署、または警察相談専用電話(#9110)にご連絡ください。

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)