ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 総務課 > 高落札率入札調査制度

高落札率入札調査制度

印刷用ページを表示する更新日:2018年2月5日更新

当制度は、落札率が著しく高い場合に、適正な積算に基づいて入札価格が設定され、公正な競争がなされているか否かを調査することにより、 入札の適正化を図るものです。

1.対象工事

本町が発注する全ての建設工事(随意契約により契約締結する場合を除く。)

2.調査基準

落札率が95%以上となった場合

3.調査

  1. 調査基準に該当した場合は、当該入札の落札決定を保留した上で、全入札参加者から工事費内訳書の提出を求める。 提出期限は、入札が午前中に行われた場合・・・同日午後5時まで入札が午後から行われた場合・・・翌日の正午まで とする。
  2. 里庄町建設工事高落札率入札調査班が、内訳書に基づき、適正な積算に基づく設定の有無等について調査及び必要な場合は事情聴取を行う。(正当な理由なく内訳書の提出や事情聴取を拒んだ入札参加者の行った入札は、無効とする。)
  3. 積算が適正であると認められる場合は、予定価格の範囲内で最低価格入札者を落札者と決定する。積算が適正でなく、談合の証拠を得た場合又は疑いが濃厚であると判断した場合は、必要な措置を講ずるものとする。
  4. 落札結果は、Faxにより入札参加者に通知する。

4.実施時期

平成27年4月1日から全ての建設工事(随意契約により契約締結する場合を除く。)が対象になります。

5.里庄町建設工事高落札率入札調査要綱

里庄町建設工事高落札率入札調査要綱[PDFファイル/111KB]

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)