ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

町長あいさつ

印刷用ページを表示する更新日:2018年2月5日更新

 この度の町長選挙におきまして、町民の皆様をはじめ、各方面の方々からの多大なるご支援を賜り、平成30年1月28日に里庄町長に就任いたしました。町民の皆様には深く感謝申し上げるとともに、重責を深く受け止め、里庄町を皆様に一層愛される町にするため尽力してまいります。
 里庄町は、岡山県南西部に位置する面積12平方キロメートルの緑豊かな自然あふれるコンパクトな町です。町の中心をJR山陽本線や国道2号線が通り、山陽自動車道のインターチェンジも近いため、交通利便性も高く、住みやすく訪れやすい恵まれた環境にあります。これまで、里庄町では教育環境の整備、子育て支援、保健福祉の充実を重点的に行い、子育て世代の方をはじめ、あらゆる世代の方に“住みやすい町”として選んでいただいた結果、全国の多くの自治体が人口減少に苦しむ中においても、ここ20年間、人口1万人を維持しています。
 しかしながら、2017年9月末時点の当町の高齢化率は29.7%と、5年前の2012年と比較し、2.8ポイント上昇している状況であり、今後は財政状況についても厳しさが増すことが予想されます。このような状況の中で、子どもたちが進学等で一時期は里庄町を離れても、将来は里庄町にまた住みたいと思える魅力と、高齢になっても安心して生活できる環境を整備するため、事業の内容と財政状況を勘案しながら「教育、健康、福祉の増進、安全、安心、快適」という6つのキーワードを軸として今後のまちづくりを進めてまいります。町民の皆様と一緒になって、誠実に、着実に町政運営を進め、「子どもの元気な声が響きみんなの笑顔があふれるまち」をつくり、未来へつなげてまいりたいと考えていますので、ご支援、ご協力をよろしくお願いします。

ちょうちょうしゃしん

里庄町長 加藤 泰久