ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 農林建設課 > 伐採及び伐採後の造林の届出制度について

伐採及び伐採後の造林の届出制度について

印刷用ページを表示する更新日:2020年6月2日更新

森林の立木を伐採するときは事前の届出、伐採後の造林等が完了したときは事後の報告が必要です

森林法では、森林所有者などが森林の立木を伐採しようとするときは、その伐採しようとする森林の所在する市町村に「伐採及び伐採後の造林の届出書」を事前に提出するように義務づけられています。

また、平成28年5月の森林法改正により、平成29年4月以降に「伐採及び伐採後の造林の届出書」を提出した方は、事業の完了後に「伐採及び伐採後の造林に係る森林の状況報告書」を提出することが義務づけられました。

詳しくは、岡山県農林水産部林政課のホームページをご覧ください。

 

 岡山県農林水産部林政課<外部リンク>

 

届出の対象となる森林

地域森林計画の対象となっている森林

 

届出様式および記載例

1伐採及び伐採後の造林の届出書

 伐採及び伐採後の造林の届出書 [Wordファイル/119KB]

 記載例 [PDFファイル/269KB]

 

2伐採及び伐採後の造林に係る森林の状況報告書

 伐採及び伐採後の造林に係る森林の状況報告書 [Wordファイル/35KB]

 記載例 [PDFファイル/230KB]

 

届出期間

1伐採及び伐採後の造林の届出書

 伐採しようとする日の90日前から30日前まで

2伐採及び伐採後の造林に係る森林の状況報告書

 造林等が完了した日から30日以内

 

提出先 (町内の森林の場合)

 里庄町役場 農林建設課

 

なお、保安林を伐採しようとする場合や1ヘクタールを超えて森林を開発しようとする場合は、別の許可または届出が必要となりますので、事前に岡山県備中県民局井笠地域森林課へお問い合わせください。

 岡山県備中県民局井笠地域森林課   電話0865-69-1631

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)