ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

水道事業について

印刷用ページを表示する更新日:2022年3月31日更新

水道のしくみ

水道会計は独立採算制

 水道事業の経営は独立採算制となっています。そのため、いくら赤字となっても、町の税金などで穴埋めすることは出来ません。すべて水道料金でまかなっています。

多額の工事費が必要

 水道施設の建設、改良工事には資金が必要ですが、以前は起債(国などからの借入金)でまかなってきました。借入金は、当然のことながら元金に利息を付けて返済しなければなりません。今後は料金収入の伸びが少ないことが予測されるため、できるだけ自己資金で工事を行うよう努めます。

浄水場施設の共同設置

 笠岡市、浅口市、里庄町の2市1町は、各市町で浄水場施設を建設すると膨大な建設費と維持管理費が負担になるため、共同で用水供給団体(岡山県西南水道企業団)を設立し、浄水を受水しています。

水道管のしくみ

 水をお届けするために、公道に町が埋設した水道管を配水管といいます。配水管は町の所有物で上下水道課が管理を行っています。
 配水管から家庭に引き込まれた給水管、分水栓、止水栓、メーター、蛇口などをひっくるめて「給水装置」と呼びます。「給水装置」は皆さんの所有物です。したがって、給水装置の管理は、皆さんにしていただくことになっています。ただし、配水管からメーターまでは運営上、上下水道課が管理します。

施設の維持管理、更新

 水道事業は施設型産業と言われ、配水池やポンプ施設とともに町内には約101kmの配水管があります。里庄町では、昭和47年の給水開始以来約40年が経過し、今後さらに施設が老朽化していくため、施設を更新するための資金が必要となります。
 現在は、下水道工事に並行して水道管の布設替えを行っています。

水道財政のしくみ

水道料金の流れ

 安全な水を安定的にお届けするために必要な維持管理をする費用は、皆さんからいただく水道料金でまかなっています。また、水道料金収入の中から毎年少しずつ借りたお金の利息を返済しながら水道事業の経営をしています。

令和2年度里庄町水道事業会計決算の概要

 令和2年度の水道事業決算状況は、収入総額 2億5,858万円に対し、支出総額 2億3,003万円で、差引2,855万円の純利益となっています。配水量は1.7%減少し、有収率は99.6%と0.2%減少しています。

収益的収入 (単位:千円)
収入 支出
営業収益

給水収益
(水道料金収入)

203,367 営業費用 受水費 136,248
配水及び給水費 15,105
受託工事費 12,611
総係費 12,012
減価償却費 50,171
資産減耗費 1,559
受託工事収益 12,611 その他 618
その他営業収益 29,556 営業外費用 支払利息 1,639
営業外収益 利息及び配当金 12,633 雑支出 60
他会計補助金 405         純利益 28,553
特別利益 過年度損益修正益 4    
合計   258,576 合計 258,576
資本的収支 (単位:千円)
収入 支出
工事負担金 工事負担金 3,710 建設改良費 配水設備費 38,651
出資金 他会計出資金 1,240 営業設備費 2,388
補償金 補償金 9,778 企業債償還金 企業債償還金 18,109
内部留保資金 損益勘定留保資金 44,420      
合計   59,148 合計   59,148

内部留保資金とは、減価償却費など、実際にお金の支出がない費用計上によって生じた資金のことを言います。主な建設改良工事は、下水道関連工事、道路改良工事に伴う配水管移設・新設工事等です。
今後、老朽化による施設更新のための再投資資金を確保するため、経営のさらなる効率化、伸展が望まれる状況です。

比較貸借対照表 (単位:千円)
借方 貸方
科目 金額 対前年比% 構成比% 科目 金額 対前年比% 構成比%
有形固定資産 1,282,725 99.3 78.4 企業債 10,286 48.8 1.2
無形固定資産 0 100.0 引当金 10,300 100.0
投資 3,461 100.0 固定負債(計) 20,586 65.6
固定資産(計) 1,286,186 99.3 企業債 10,785 59.6 4.1
現金預金 288,975 113.2 21.6 預り金 15,921 101.3
貯蔵品

4,949

108.1 未払金 39,224 161.8
未収金 45,950 101.0 引当金 855 104.1
前払金 14,630 138.5 流動負債(計) 66,785 113.4
流動資産(計) 354,504 112.2 長期前受金 379,319 100.6 23.1
        繰延収益(計) 379,319 100.6
        自己資本金 1,051,750 102.9 64.1
        借入資本金 0 100.0
        資本金(計) 1,051,750 102.9
        資本剰余金 54,174 100.0 7.5
        利益剰余金 68,076 99.9
        剰余金(計) 122,250 99.9
合計 1,640,690 101.8 100.0 合計 1,640,690 101.8 100.0

※再投資資金の確保のため、資産の伸び率3%を経営目標としている。(ただし、企業債償還終了後)

 

基本計画(里庄町水道事業ビジョン・経営戦略)

 本町では、厚生労働省の新水道ビジョンの概念や、総務省の経営戦略の策定方針のもと、旧ビジョンの目標・施策などを踏まえて現状の分析・評価を行い、今後の課題や環境の変化に適切に対応するため、長期的な視点で新たな目標を掲げるとともに、実現に向けた方策を検討しました。

 これらを集約して、今後も安全・強靱かつ持続的な水道事業経営を行っていくための施策として、里庄町水道事業ビジョン・経営戦略(計画期間:令和3年度~令和17年度)を策定しました。

 里庄町水道事業ビジョン・経営戦略 [PDFファイル/3.51MB]

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)