ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 健康福祉課 > 平成28年8月1日からの負担限度額認定申請について

平成28年8月1日からの負担限度額認定申請について

印刷用ページを表示する更新日:2018年2月5日更新

介護保険施設(特別養護老人ホーム、老人保健施設、療養型医療施設)に入所し、もしくはショートステイをご利用の際、食事・居住費が軽減される場合があります。

認定要件(全て満たすことが必要です)

  1. 平成28年度市町村民税(平成27年中の所得)が世帯全員非課税であること。
  2. 配偶者(別世帯の場合も含む)の平成28年度市町村民税が非課税であること。
  3. 本人及び配偶者(別世帯の場合も含む)が合計2,000万円超の預貯金等を保有していないこと。
    ※配偶者がない場合には1,000円超の預貯金等を保有していないこと

申請方法

下記の「負担限度額認定申請書」に必要事項を記載のうえ、収入状況・資産状況などが分かる資料を添付して、里庄町健康福祉課に提出(郵送可)してください。

添付資料について(本人及び配偶者)

(1)通帳の写し(名義が分かるページと最終残高が確認できるページ)
※複数通帳がある場合は、全ての写しを添付してください。
※最終残高の日付は、申請日の直近2か月以内であること。

下記は該当がある場合のみ添付

(2)有価証券(株式・国債・地方債・社債など)の金額が分かる口座残高の写し
(3)投資信託の金額が分かる口座残高の写し
(4)負債(借入金・住宅ローンなど)の金額がわかるものの写し

平成28年8月からの負担限度額について

平成28年8月1日から、負担限度額の負担段階の要件が一部変わります。

リーフレット(非課税年金勘案)[PDFファイル/382KB]

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)