ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

地籍調査とは

印刷用ページを表示する更新日:2018年2月5日更新

 

地籍調査とは、一筆ごとの土地の所有者、地番、地目を調査し、境界の位置と面積を測量する調査です。

「地籍」とはいわば「土地に関する戸籍」のことです。各個人には固有の「戸籍」という情報があり、様々な行政場面で活用されているのと同様に、土地についても「地籍」の情報が行政の様々な場面で活用されています。

地籍調査が行われることにより、その成果は登記所(法務局)にも送られ、登記簿の記載が修正され、地図が更新されることになります。また、固定資産税算出の際の基本情報になるなど、市町村における様々な行政事務の基礎資料として活用されます。

 

 

  関連する情報


   ▹地籍調査とは

   ▹​地籍調査の必要性

   ▹​地籍調査の効果

   ▹​地籍調査の進め方

   ▹​地籍調査でできること・できないこと

   ▹​筆界未定とは

   ▹​地籍調査事業の進捗状況